八代清掃センター

2019年02月10日

八代市の清掃センターで捜索訓練

2月9日、八代市の旧清掃センターで救助犬の合同訓練が行われました。
本日はブラインド型の訓練です。
ブラインド型訓練とは、実施者に事前に訓練の進行やシナリオを与えず、想定のみ与える実践的な訓練です。

今回は、地震後の捜索を想定し建物内と敷地外回りの捜索を行います。

本部に1名 
指導士6名は2班に別れる
各班  隊長:1名(無線連絡担当) 指導士2名2頭で捜索にあたる

0209 024









まずは建物内の捜索からスタート、各部屋2頭で確認するも反応なし。
その後、外回りを捜索。建物北側で要救助者1名発見。
微反応の箇所には、2頭目を入れて再チェック。
遺留品3箇所で発見する。
各班、無線で状況確認しながら捜索を進める。

0209 090










0209 068










0209 071










0209 104










0209 107










清掃センターには、高所の階段や、地下への暗い階段、様々な機械類
不安定な足場など、なかなか経験できない場所が多く、最高の訓練場所でした!
最初はビビッていた若犬たちも、
2回3回と慣れ仕事に集中していきました。

0209 092









ライナと自分の課題
まずは、現場状況の把握。全体を把握し、危険箇所のチェック
生体臭、遺留品臭への犬の反応の仕方、犬の反応を見極める
微反応を見逃さない、複数犬での再確認。
犬の自主性を伸ばしつつ、適切な声かけ。
安全確認!安全作業!
無線による、正確な情報の共有。
そして、要救助者発見後の状況確認、適切な報告と連携。

どのような状況でも、仕事に集中できるように
まだまだ訓練がんばらないといけません




実際の現場では、警察・消防・自衛隊など
各機関と連携をとって活動します。
様々な想定で訓練を重ね、訓練技術を上げ
犬の能力を最大限生かした捜索活動を行っていきたいと思います!



0209 108









ロージーもがんばっております





九州災害救助犬協会

gosaname at 20:10|PermalinkComments(0)
プロフィール

PURE DOGS あだち

最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonライブリンク